2005-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴマ油とラクダ/ Camel-made Sesame-oil

camel.jpg


この周辺は、ゴマの一大産地です。ゴマの大部分は輸出されているようで、あまりゴマやゴマ製品が売っているのみかけません。しかし、小規模ながらゴマ油を作っているところが数箇所、あります。そのほとんどが、(目隠しされている)ラクダが引いている油絞り所です。ゴマ大好き日本人、さっそく買ってみましたが、焙煎せずに絞ってあるため、なじみのあるゴマ油とはかなり風味が異なります。

This area is known for its production of sesame, called sim sim here. Since the majority of it seems to be exported, you don't see much of sesame and its products in town. However, there are some places processing sesame, and most of them are done by camel-power. Being Japanese, a people quite fond of sesame, I managed to buy some of the oil (in a recycled coca-cola bottle). It had a pleasant smell, but a bit different from that used in East Asia.

foul.jpg


ここでは特にフゥールという豆料理にゴマ油が使われている様子→写真。中東で食べたフゥールとは、中身も味も異なり(チーズや唐辛子が入っています)ますが食べやすくておいしかったです。それにしても、こちらの料理がこんなに唐辛子だらけとは、本当に想像さえしていませんでした。結構、辛い時もあります。

Here they use sesame oil for a dish called 'foul'(photo), made from beans. What I tried here included 'fromaggio' and green peppers, and was quite different from 'foul' that I had in the Middle East. Nevertheless it was quite tasty and felt healthy. (By the way, I had never imagined that the cuisine would be soo hot and full of hot peppers here! Even after a few weeks stay in Sri Lanka and having an Indian-British flatmate for several months, still, this green pepper stuff is a bit different from that and is beyond my capacity...)

スポンサーサイト

現場周辺/ Around the Field

20051030195503.jpg


現場事務所があるのは、電気と電話の通っている地方都市。交通の要所でもあり、交易で栄えています。(この町の話はまた次回。)ここから更に、舗装されていない道を、1時間、2時間がたがた揺れて事業地で向かいます。真っ青な空・暑い日差しの下、運転手のかける地元の音楽に耳を傾けながら、ひたすら走ります。

Our field office is located at a local town where there are electricty and phone lines. It is a commercially lively town (will write about it next time). From here, we proceed on unpaved roads for another 1-2 hours to the project sites. Driving under the clear blue sky and strong sun rays, listening to our driver's local music...

fields.jpg


ちょうど今は収穫の時期。写真にあるのはソルガムです。この辺りの農村では主食となります。今年は3、4年ぶりにきちんと雨が降り、よい収穫が期待されています。

It is harvest time! Sorgham fields are everywhere, which are the staple food in this rural area. Fortunately, this year there was some good rain and people are looking forward to the harvest.


現場出張から戻りました/ Back from the Field

mountains.jpg


数日間の現場出張から戻ってきました。予定より少々短い滞在。首都から350キロ、延々と7~8時間走って、現場事務所に到着。高地にある首都から山道をぐんぐん下り、乾燥した山々や谷沿いを通り、半砂漠のような平地をひたすらまっすぐに走るその間、気温はどんどん上がっていきます。現場周辺の気温はかなり高くて、まだまだ慣れない身にはかなりきついです。景色は、こんな感じ。

I came back from a 4-day field trip. A bit shorter than planned. The field office is 350km, a long 7-8 hour drive .Driving from the capital in the highlands, we go down high hills, pass valleys and dried-up rivers,and then go straight, on and on through the dry plains. The temparture gets higher and higher, and I find it difficult to cope with the heat. The scenery is like this in the dry plains.

hills.jpg

市内の様子/ An introduction to the city

city1


city2


きれいだ、安全だとは聞いていましたが、実際にあすまらに来て、本当にびっくりしました。町はこぎれいで、夜、女性が一人で歩いても問題とみんなに言われました。過去数年の海外生活では、9時、10時過ぎると、女性が一人で歩いて帰ることはほぼ、ありえないことで、歩きの場合、絶対に誰かが家まで送ってくれるのが基本でした。
また、市内の建築も非常に素敵です。イタリアの植民地だったため、イタリア風の建物が多くてきれいな町なのですが、残念ながら手入れが不十分なところも目立ちます。もったいないです。

I was informed in advance that the city was clean and safe and pretty. Still, I was surprised. It is quite clean, and everyone here tells me that it is ok for women to walk alone at night. Now, in my past years living abroad, there was no way a girl would walk home alone past 9,10 pm. Someone had to walk her home. So this was one surprise. And the street lights are not the brightest that you can imagine.
The city is really pretty. Being a former Italian colony, it is full of beautiful Italian architecture. Such a pitty that some are not maintained well enough. If it gets a little more brushing-up, it will be a really attractive city

ブログ開始 / Have started blogging

全文を表示 »

«  | HOME |  »

プロフィール

higasa

Author:higasa
2005年9月から、アフリカの小国に仕事で行きました。日本ではほとんど知られていないその国の様子や、今まで行って来た土地の様子を綴ってこうと思って始めた白書。今はまた違う国で生活していますが、同じように続けようと思います。

Hi, this is Y... I started this blog when I arrived in Africa, a new part of the world for me, so that I can share my experience. Now I am in another part of the world, but still would like to share what I see!

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。